Main Page/ja

From WRTnode Wiki Site
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Main Page and the translation is 78% complete.

Other languages:
English 100% • ‎日本語 78% • ‎Türkçe 78% • ‎中文(中国大陆)‎ 100%

J.jpg

WRTnode、品質自慢の新作

WRTnodeはWi-Fi AP-Socを基づくOpenWRT対応のオープンソースハードウェア開発用基板である。

台湾の半導体メーカーのメディアテック(MediaTek)社のmt7620 SoCを用いて、小体積、低コスト、省エネ、高計算能力、高速無線などの高品質を実現している。

何の為にWRTnodeが必要か?皆様はまだまだ結論を見つかっていないかもしれない。 我々開発チームの理解では、WRTnodeは一枚の高速の、デジタル版のArduinoとして、 簡単にUSBデバイス(例えば、カメラ、サウンドカード)を接続や駆動することができる、それによって画像や音声を同時に採集してリアルタイムでマルチメディア流を放送することができる。 そして一回のA/D変換することで、直接に現実の世界とやり取りすることができる、例えば各種のセンサーやモータードライブなど。

WRTnodeにはOpenWrt(一種のオープンソース組み込み式のLinux発行版)を実装される。 マルチメディア情報や各種入出力制御を体積と消費電力が小さいとともに計算能力は十分なLinuxシステムの中に集中して、Linuxで既存のパターン認識、人工知能と他の応用を移植と最適化することで、 沢山の面白い「知能」デバイスを産み出す事ができるかもしれない、さらに強力なネットワーク形成能力を補うことで、1種の結節点とMatrixの形態を実現することができると思われる。これもWRTnode名前でnodeの意味である。

我々はWRTnodeを「ワラッタノード WaRaTta-Node」と読んでいる。

OpenWrtの公式サポートデバイスとして、wiki.openwrt.orgで全ての掲載内容はWRTnodeに適用される。 時々OpenWrtの公式Wikiを見ることを強く推薦される。そこの内容を一番信頼できる情報としてご参照ください。

Details of WRTnode:

Features

Specifications

Documents

Software Resources

Tech specs|TECH SPECS and configration

Interfaces

GPIO

SPI

I2C

Development

Applications

Porting OpenCV to WRTnode

WRTnode Web Portal

WRTnode family